しのけん

(篠崎健二・しのけん)高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にスロマガの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。現在はパチスロ攻略マガジン他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして読者から絶大な支持を得ている。スロマガにおけるレジェンド的存在。